2009 SEG

英語多読コース 2009 春期講習講座案内 2008/12/01

SEGの多読コースは、春期講習からのスタートとなっています。受講ガイドを参考に、コースを選び、4月以降受講希望のクラスに対応する講習を受講ください。
なお、春期講習は、無試験でどなたも受講できますが、4月以降の受講は、選抜制のクラスもありますのでご注意ください。
春期講習のみの受講も歓迎ですが、多読コースの性質上、4月以降も継続しないと高い効果はあがりませんので、ご理解ください。

 通常授業を含めた受講ガイドはこちらをご覧ください。

新中1 新中2 新中3 新高1 新高2 新高3 社会人 新小5・6  受講手続・受講料  春期講座日程表

新中1の方へ(2009年度 春期講習)

中1多聴多読入門  (各クラス 定員12名 授業は多読・多聴のみ)
【特徴】やさしい絵本とその朗読CDをを使って英語の音と文字に慣れる
【テキスト】 『Oxford Reading Tree』(Oxford)、『Literacy Land Story Street』(Longman)、『Storybooks』(Cambridge)、『Emergent Readers』(Scholastic)、『Learn to Read』(CTP)、『Springboard』(Macmillan)、ほか
【内容】CD付きの絵本を使い、ひたすら、英語の音を聞きながら絵本を読み、英語の音・リズムと文字・簡単な文に慣れるプレ春期講座です。すべての本にCDがついており、絵をみれば、文の内容が分かる本が中心なので、英語が初めての人でも、内容・発音ともに理解できます。初期の段階で、Nativeの発音に慣れて、英語のリズムをつかんでしまえば、今後の学習に非常に有利です。なお、『Active Phonics』(松香)の本とDVDを使い英語の音と文字の対応の初歩も学びます。読書は基本的に個別読書で、全員分のCDプレーヤーが用意されています。難しめの絵本も用意してあるので、ある程度英語既習の方でもあきることはありません。
なお、絵本はすべて貸出いたしますので、洋書絵本の購入の必要はありません。
【注意】2/9,16,23, 2/13,20,27, 3/1,3,5, 3/2,4,6 5時半〜8時の2時間半×3回の授業構成です。 
【春期への接続】中1英語α・βに接続。

中1英語多読α (各クラス 定員12名)
【対象】英語を200時間以下しか学んだことが無い人
【特徴】正確さより、インプット・アウトプットの量を重視し、効率的に英語を学ぶ
【講師】英語を母語とする講師(文法・会話指導)と日本人講師(多読指導)のペア授業
【テキスト】(文法)『UP and AWAY #1』 (読み聞かせ)『ORT Stage 2-3』 (Oxford)
(多読) 家庭学習用として、100English, Springboard, CTP, CSB、Info Trail 等を貸出します。
【内容】これから英語を本格的に学ぶ中1生を対象としたクラスです。英語を母語とする講師が文法を指導し、また、やさしい絵本の読み聞かせ、音読を指導します。文法は"UP and Away #1"に基づき指導します。授業は平易な英語とジェスチャーで進行します。Activityと読み聞かせにより、英語の音・リズム・文の形に慣れてもらいます。英語が初めての方でも十分に理解可能です。全く初めての方の場合、初日・2日目にはとまどう方もいらっしゃいますが、だんだん慣れてくるのでご安心ください。
【4月から】中1英語多読A,Bに接続。講習最終日に入会クラス分け判定試験有り
【注意】小学生のとき英語をかなりやってきた方は、春期・中1多読βがお薦めです。帰国生等、特別な方は別途相談ください。なお、絵本はすべて貸出すので、洋書絵本の購入の必要はありません。

中1英語多読β (各クラス 定員14名 授業は多読・多聴のみ) 
【対象】】英語に200時間以上触れた経験があり、Oxford Reading Tree 5 程度の絵本あるいはこのリンク先の文章の読める方 
【特徴】正確さより、インプット・アウトプットの量を重視し効率的に英語を学ぶ
【講師】日本人講師(多読指導)
【テキスト】 (多読) ORT 1-9, Info-Trail, ICR0-2,Primary Classic Readers, Fast Forward, Leveled Readers
【内容】英語の基礎力のある中1生を対象に、日本人講師が英語多読を指導します。5日間で、家庭読書も含めて3万語以上の多読をめざします。5日間の講習で、今までより、速くスムーズに、長時間連続して英語が読めるようになっている自分を発見するでしょう。
【4月から】中1英語多読A・Bに接続。講習最終日に入会判定試験有り。
なお、絵本はすべて貸出しいたしますので、洋書絵本の購入の必要はありません。


新中2の方へ (2009年度 春期講習)

中2英語多読入門  (各クラス定員 12名程度 授業は多読・多聴のみ)
【対象】英検5級〜英検2級程度の英語力があり、多読経験が無い方、あるいはほとんど無い方
【講師】日本人講師
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さもあげていく 
【テキスト】 各自に適切な本 
【内容】これから多読で本格的に英語を学びたい新中2生を対象に、やさしい絵本からはじめて大量に英文を読んでもらいます。5日間の講習で、3万語以上の英文に触れることにより、英語で考える脳を育てます。多読未経験の方は、英語が苦手な方も、英語が得意な方も歓迎です。
【注意】 日程の合わない方は、中3以上対象の「多読多聴入門」の受講を検討ください。
【4月から】中2英語多読BCクラス または、多読多聴α に接続。講習最終日に入会判定試験有り。

中2英語多読B (各クラス定員 定員12名程度)
【対象】英検4級相当以上の英語力があり多読経験が10万語以上ある方
【講師】日本人講師 80分+英語を母語とする講師(またはバイリンガルの講師) 80分
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さもあげていく 
【テキスト】 (多読)各自に適切な本  (文法)『UP and AWAY #6』(Oxford)
【内容】中1の時、英語が得意だった方のクラスです。英語を母語とする講師が平易な英語で、文法・会話を指導します。テキストは"Up and Away #6"を用います。多読・多聴は各自のレベルに合わせ、個別指導します。
【4月から】中2英語多読BCクラスまたは多読多聴αに接続。講習最終日に入会判定試験有り。

中2英語多読C (各クラス定員 定員12名程度)
【対象】英検3級相当以上の英語力があり、多読経験が10万語以上ある方
【講師】日本人講師 80分+英語を母語とする講師(またはバイリンガルの講師) 80分
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さもあげていく 
【テキスト】 (多読)各自に適切な本  (文法)『UP and AWAY #6』(Oxford)
【内容】中1の時、英語がかなり得意だった方のクラスです。英語を母語とする講師が平易な英語で、精読・文法・会話を指導します。テキストは"Up and Away #6"を用います。多読は各自のレベルに合わせ、個別指導します。
【4月から】中2英語多読BCクラスまたは、多読多聴αに接続。講習最終日に入会判定試験有り。


新中3の方へ (2009年度 春期講習)  

多読多聴入門 (各クラス 定員14名程度   授業は多読・多聴のみ 中3〜高2対象)
【対象】多読経験が全く、あるいはほとんど無い方 
【講師】日本人講師
【特徴】英語の大量インプットにより、流暢さを増し、正確さもあげていく 
【テキスト】 (多読)各自に適切な本
【内容】授業時間の約80%を、多読の個人指導にあて、やさしい絵本から始めて、各自の興味・英語力にあった本を読んでもらいます。残りの約20%の時間で、listening, shadowing を行います。個別指導なので、英語に苦手意識をもっている人も、英語にかなり自信のある人も、SEGの多読をためしてください。
【4月から】中3英語多読CDクラスまたは多読多聴αに接続。講習最終日に入会判定試験有り。

中3英語多読C/D (各クラス 定員14名程度 )
【対象】
B:英検準2級相当以上の英語力があるか、20万語以上多読している方
C:英検2級相当の英語力があるか、英検準2級相当の英語力があり50万語以上多読している方
【講師】日本人講師 (多読指導)+英語を日常語として使っている講師(作文会話指導)
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さもあげていく 
【テキスト】 (多読)各自に適切な本  (OC, Writing)『New Storyteller』(Macmillan)
【内容】会話・作文指導は、all English で行います。Writingは、実際に各自storyを英語で書いて、
それを発表します。多読・多聴は各自のレベルに合わせ、今よりも、幅広い本を読めるように指導します。
【4月から】中3英語多読CDクラス あるいは多読多聴αに接続。講習最終日に入会判定試験有り。

多読多聴αβ (各クラス 定員16名程度) 難易度 ★★〜★★★★
【対象】原則として、30万語以上多読し、Oxford Bookworms Level 1以上の洋書を読める人
【特徴】英語の大量インプットにフォーカスし、レベルを上げていく
【講師】日本人講師
【内容】多読経験があり、今後の1年間で、厚めの児童書や本格的なペーパーバックが読めるようになることを目標とする英語クラスの春期講習です。この講習では、基本に戻って易しい本を読んだり、シャドーイングやリスニングをしたりしながら、 みなさんの英語力と興味にあった易しめ・難しめの本を個別に紹介します。ツボにはまった本を見つければ、あなたの英語力も飛躍的に伸びていくでしょう。完全個人指導です。
【4月から】 多読多聴α・β(無選抜制)に接続。通常授業は先着順ですので、早めにお申込みください。


新高1の方へ (2009年度 春期講習)

多読多聴入門 
 (各クラス 定員16名程度) 難易度 ★〜★★★
対象】英検5級〜英検1級の英語力があり、多読の経験がほとんど無い方(中3〜高2対象)
【特徴】英語の大量インプットにフォーカスし、易しい本から徐々にレベルを上げていく
【指示言語】日本語
【テキスト・内容】多読が初めての人は、Oxford Rading Tree、Foundations Reading Library のようなに易しいリーダーからはじめ、現時点の英語力でぎりぎり読める本まで、多種多様な本を紹介し、実際に読んでもらいます。多読経験のある人には、現時点で楽に読める本からレベルを上げていきます。多読は継続すると大きな効果を発揮するので、多読の手法が気に入った場合には、ぜひ、4月以降も受講ください。なお、春期、夏期、冬期と講習のみの受講も可です。
【4月から】「高1多読FGH」または「多読多聴αβ」に接続。講習最終日に入会判定試験有。

高1英語多読F (各クラス 定員14名程度 ) 難易度 ★★
【対象】学校や塾で、Oxford Bookworms Stage 1 程度以上の英語の洋書を数冊以上読んだことがあり、英語が普通にできる方
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さもあげていく 
【指示言語・教授言語】 多読指導:日本語  その他の指導:英語
【内容】授業時間の半分は、異色のテキスト"New Storyteller"(Macmillan)をテキストに、
Oral Communication, Writingをall English で指導。残りの半分で各自の英語力・興味にあわせて個別に読書指導。
【4月から】「高1多読FGH」または「多読多聴αβ」に接続。講習最終日に入会判定試験有。

高1英語多読G (各クラス 定員14名程度 ) 難易度 ★★★
【対象】Oxford Bookworms Stage 2 程度以上の洋書を和訳しないで読める人 
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さもあげていく 
【指示言語・教授言語】 多読指導:日本語  その他の指導:英語
【講師】日本人講師(多読指導)、英語を母語とする講師(発話・作文指導) 
【内容】授業時間の半分は、“Catch the World Ranger"(MacMillan)をテキストに、精読、Writing, Oral Communicationをall English で指導。残りの半分で各自の英語力・興味にあわせて、個別に読書指導。
【注意事項】昨年度「多読OWα」の接続クラスです。
【4月から】「高1多読FGH」または「多読多聴αβ」 へ接続。講習最終日に入会判定試験有。

高1英語多読H (各クラス 定員14名程度 ) 難易度 ★★★★
【対象】Oxford Bookworms Stage 3 程度以上の洋書を和訳しないで読める人 
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さもあげていく 
【指示言語・教授言語】 多読指導:日本語  その他の指導:英語
【内容】授業時間の半分は、“Catch the World Voyager"(MacMillan)をテキストに、精読、Writing, Oral Communicationをall English で指導。残りの半分で各自の英語力・興味にあわせて、個別に読書指導。
【注意事項】昨年度「多読OWα」の接続クラスです。
【4月から】「高1多読FGH」または「多読多聴αβ」 へ接続。講習最終日に入会判定試験有。


多読多聴αβ (各クラス 定員16名程度) 難易度 ★★〜★★★★
【対象】原則として、30万語以上多読し、Oxford Bookworms Stage 1 程度の洋書を和訳しないで読める人
【特徴】英語の大量インプットにフォーカスし、レベルを上げていく
【指示言語・教授言語】 日本語
【内容】多読経験があり、今後の1年間で、厚めの児童書や本格的なペーパーバックが読めるようになることを目標とする英語クラスの春期講習です。この講習では、基本に戻って易しい本を読んだり、シャドーイングやリスニングをしたりしながら、 みなさんの英語力と興味にあった易しめ・難しめの本を個別に紹介します。ツボにはまった本を見つければ、あなたの英語力も飛躍的に伸びていくでしょう。完全個人指導です。
【4月から】 多読多聴α・β(無選抜制)に接続。通常授業は先着順ですので、早めにお申込みください。


新高2の方へ (2009年度 春期講習)

多読多聴入門  (各クラス 定員16名程度) 難易度 ★〜★★★
対象】英検4級〜英検1級の英語力があり、多読の経験がほとんど無い方(中3〜高2対象)
【特徴】英語の大量インプットにフォーカスし、易しい本から徐々にレベルを上げていく
【講師】日本人講師
【テキスト・内容】多読が初めての人は、Oxford Rading Tree、Foundations Reading Library のようなに易しいリーダーからはじめ、現時点の英語力でぎりぎり読める本まで、多種多様な本を紹介し、実際に読んでもらいます。多読経験のある人には、現時点で楽に読める本からレベルを上げていきます。多読は継続すると大きな効果を発揮するので、多読の手法が気に入った場合には、ぜひ、4月以降も受講ください。なお、春期、夏期、冬期と講習のみの受講も可です。
【4月から】「高2多読F/G」または「多読多聴α」に接続。講習最終日に入会判定試験有。


高2英語多読FG (各クラス 定員14名程度 )
【対象】Oxford Bookwomrs 3程度の洋書なら1日で読み切れる英語読書力のある方
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さもあげていく 
【講師】日本人講師(多読指導)、英語を母語とする講師(発話・精読・作文指導)
【内容】授業時間の半分は、“Mosaic 1”をテキストに、精読, 作文をall English で指導。残りの半分で各自の英語力・興味にあわせた読書指導を個別に行う。
【注意事項】昨年度の「多読OWβ」の接続クラスです。
【4月から】「高2多読F/G」 または「多読多聴α・β」に接続。講習最終日に入会判定試験有。

多読多聴αβ (各クラス 定員16名程度) 難易度 ★★〜★★★★
【対象】原則として、30万語以上多読し、Oxford Bookworms Stage 1以上の洋書を読める人
【特徴】英語の大量インプットにフォーカスし、レベルを上げていく
【講師】日本人講師
【内容】多読経験があり、今後の1年間で、厚めの児童書や本格的なペーパーバックが読めるようになることを目標とする英語クラスの春期講習です。この講習では、基本に戻って易しい本を読んだり、シャドーイングやリスニングをしたりしながら、 みなさんの英語力と興味にあった易しめ・難しめの本を個別に紹介します。ツボにはまった本を見つければ、あなたの英語力も飛躍的に伸びていくでしょう。完全個人指導です。
【4月から】 「多読多聴α・β」(無選抜制)に接続。通常授業は先着順ですので、早めにお申込みください。

新高3の方へ  (2009年度 春期講習)

多読Power English (定員20名程度)
【対象】100万語以上多読しているか、難関大学受験に十分な英語基礎力のある高3生・高卒生の方
【講師】日本人講師
【内容】多読で養った、英語を英語のまま理解する力を、大学入試即応の英語力に転換させる第一段階の特訓講座です。"The Universe of English II"(東大出版会)の精読演習に加え、Level 5-6 のGraded Readersの多読・速読を指導します。精読は毎日1セッションをあらゆる角度から読み解き、多読は5日間で10万語読破(課外読書を含む)を目指します。レベル・ボリュームともに極めて高い水準の講座のため、充分な予習と積極的な授業参加を期待します。
【注意事項】テキスト"The Universe of English II"は、受講申込時に受け取り、予習してください。
【4月から】 「多読Power English (選抜制)」に接続。通常授業は先着順で締め切りますので、早めに申込みの基準を達成し、お申込みください。

多読多聴αβ (各クラス 定員16名程度) 難易度 ★★〜★★★★
【対象】原則として、大学入試の無い高3生・高卒生の方
【特徴】英語の大量インプットにフォーカスし、レベルを上げていく
【講師】日本人講師
【内容】多読経験があり、今後の1年間で、厚めの児童書や本格的なペーパーバックが読めるようになることを目標とする英語クラスの春期講習です。この講習では、基本に戻って易しい本を読んだり、シャドーイングやリスニングをしたりしながら、 みなさんの英語力と興味にあった易しめ・難しめの本を個別に紹介します。ツボにはまった本を見つければ、あなたの英語力も飛躍的に伸びていくでしょう。完全個人指導です。
【4月から】 「多読多聴α・β」(無選抜制)に接続。通常授業は先着順ですので、早めにお申込みください。



社会人の方へ

社会人対象の講習はこざいません。多読多聴α・β のクラスは社会人の受講も可です。
自学自習の、社会人ブッククラブ もあります。


新小5・6の方へ (2009年度 春期講習)

多読多聴P  (定員 10名程度 授業は多読・多聴のみ)
【対象】英語学習歴1年程度〜英検準2級程度の英語力がある方。
    ※英検2級以上の英語力のある方のご参加はご遠慮ください。
【講師】日本人講師
【特徴】インプット・アウトプットの量を重視。量を増やすことにより、正確さも上げていく 
    ※1回2時間半の授業です。
【テキスト】 各自に適切な本 
【内容】小学生のうちに、多読で英語の読書の楽しさを経験し、英語に親しむ中で、英語で考える脳を育てます。多読未経験の方は、非常にやさしい本から読んでもらいます。
【4月から】通常・多読多聴Pクラス に無試験で接続。 


受講手続・受講料

受講手続・受講料についてはこちらをご覧下さい。

Copyright © 2005-2008, Scientific Education Group Co.,Ltd. All Rights Reserved. (revised 2008/01/05)